山形食品衛生協会

講習会

食品表示の講習会開催

〈平成29年度山形県食品適正表示推進者養成講習会開催要領〉
山形県指定団体(公社)山形県食品衛生協会

1 趣旨

『山形県食品適正表示推進者設置要領』に基づき、食品の適正表示の推進者(以下「食品適正表示推進者」という。)を養成するための講習会の開催に関し、必要な事項を定める。

ページトップへページトップへ

2 講習区分

(1) 生鮮食品
生鮮食品取扱業者〔野菜・果物・穀類・乾物・食肉・魚介類販売業等〕
(2) 加工食品
食品の製造・加工業者〔仕出・弁当屋、そうざい製造業、その他食品製造(加工)業〕
(3) 生鮮・加工食品
生鮮食品の取扱業者及び製造・加工業者
(4) 再受講
すでに受講した者であって、再受講を希望する者
ページトップへページトップへ

3 カリキュラム及び講習内容

カリキュラム 講習内容 時間
生鮮食品 生鮮食品の表示 30分
共   通 食品表示法
景品表示法
計量法
70分
20分
25分
加工食品 加工食品の表示
表示の具体例
90分
30分
ページトップへページトップへ

4 講習日時及び場所等

日  時 会  場 定員 申込締切日
平成29年
10月11日(水)
山形市総合スポーツセンター
大会議室
山形市落合町1
120 平成29年
9月27日(水)
平成29年
10月17日(火)
三川町公民館
三川町大字横山字西田52-1
120 平成29年
10月3日(火)
ページトップへページトップへ

講習時間

(1) 生鮮食品
9:30~正午(2.5時間)
(2) 加工食品
10:00~15:00(5時間)
(3) 生鮮・加工食品
9:30~15:00(5.5時間)

※正午~13:00まで休憩となります。

ページトップへページトップへ

5 受講申込み

  • (1) 受講申込書に、必ず受講料を添えて、次の各地区食品衛生協会又は県食品衛生協会に提出してください。

【受講申込受付:午前9時から午後4時まで(土・日曜日及び休日を除く)】

地区食品衛生協会 所在地 TEL FAX
山 形 村山保健所内
(山形市十日町1-6-6)
023-626-3258 023-626-3259
寒河江 村山総合支庁
西村山地域振興局内
(寒河江市大字西根字石川西355)
0237-86-8014 0237-86-0905
北村山 村山総合支庁
北村山地域振興局内
(村山市楯岡笛田4-5-1)
0237-47-8604 0237-55-2130
新 庄 最上保健所内
(新庄市金沢字大道上2034)
0233-29-1262 0233-22-2025
酒 田 庄内保健所内
(三川町大字横山字袖東19-1)
0235-68-0630 0235-68-0630
鶴 岡 庄内保健所内
(三川町大字横山字袖東19-1)
0235-68-1391 0235-68-1391
長 井 置賜保健所内
(米沢市金池7-1-50)
0238-21-2185 0238-21-2185
東 南
置 賜
置賜保健所内
(米沢市金池7-1-50)
0238-21-2185 0238-21-2185
県食協 山形県生活衛生会館内
(山形市小姓町4-17)
023-641-9340 023-641-9348

受講申込み後のお問合せは、山形県食品衛生協会までお願いいたします。(電話番号023-641-9340)

  • (2) 受講料
区 分 生鮮・加工関係 再講習
会員等 2,600円 1,200円
非会員 3,100円 1,700円
  • ※会員等:地区協会の会員若しくは会員の施設で業務に従事する者又は県協会の賛助会員若しくは賛助会員の施設で業務に従事する者

ただし、再講習の受講料には、テキスト代が含まれておりません。
前回のテキストを持参するか、新たなテキストを購入するときは、1,300円となります。(平成27年からテキストの内容が一部変更しておりますのでご注意ください。)

※申込書(PDF)は下のボタンをダブルクリックしてダウンロードして下さい。

お申込みPDFはこちら
ページトップへページトップへ

6 食品適正表示推進者証

受講修了者に対しては、食品適正表示推進者証を交付します。(再受講者は除く。)

ページトップへページトップへ

7 その他

  • (1) 受講申込書を受理した後、申込者に対して、県協会より確認書(受付番号記入)をFAX送付します。
  • (2) 定員になり次第締め切りとなりますので、早めにお申込みください。
  • (3) 一旦納入された受講料は、お返しいたしません。
  • (4) 昼食は各自ご準備のうえお取りください。

お知らせ

平成27年4月から『食品表示のルール』が一部新しくなりました!
平成27年4月に食品表示法が施行され、食品表示のルールが一部新しくなりました。
加工食品・添加物は5年間、生鮮食品は1年6ヶ月間の猶予期間が設けられており、この間に新しいルールによる表示に切り替えることが必要です。
本講習では、新しい食品表示制度や表示のルールの変更点等についても説明します。(これにより、本講習テキストが新しくなっておりますのでご注意ください。)

食品関連事業者のみなさまへ ページトップへページトップへ