山形食品衛生協会

食品衛生協会の概要

沿革

山形県食品衛生協会は、飲食に起因する感染症、食中毒その他の危害の発生を防止し、食品衛生の向上を図ることを目的として、昭和32年に設立、昭和56年に社団法人となり、創立55周年の節目の年に、平成24年4月1日公益社団法人へ移行しております。

当協会は、公益社団法人として、安定的かつ継続的な各種の公益目的事業を通じ、社会に貢献してまいります。

主な事業

公益目的事業

食品衛生自主管理事業

  • 食品衛生指導員による食品営業施設の巡回指導
  • 営業許可申請に関する指導助言

食品衛生に係る人材育成事業

  • 食品衛生責任者養成及び実務講習会
  • ふぐ取扱者養成講習会
  • 食品適正表示推進者養成講習会

食品衛生思想啓発活動事業

  • 山形県食品衛生推進大会
  • 食品衛生の出版物の作成頒布
  • 食協会報の発行
  • ホームページの開設

食の環境レベルアップ推進事業

  • 食品衛生優良施設・食品衛生優良食品の推奨

収益事業

  • 腸内細菌検査の推奨

相互扶助等事業

  • 各種共済への加入促進(食品営業賠償・火災・生命保険)
  • 食品衛生功労者・食品衛生優良施設・食品衛生優良従業員の表彰
ページトップへページトップへ