山形食品衛生協会

(公)山形県食品衛生協会推奨優良食品

食品衛生優良食品
このマークのシールがはられた食品は山形県食品衛生協会の推奨品です。県内で製造加工される食品のうち、特に食品衛生に配慮し、味と品質にすぐれたものを"優良食品"として認定したものです。

平成28年度優良食品推奨一覧表

推奨期間 平成29年1月1日~平成29年12月31日まで

山形地区 商品名 製造所及び営業者名 電話番号
上撰 羽陽男山 男山酒造株式会社 023-641-0141
味紫 (たれの素) 庄司平吉商店 023-622-2423
本醸造しょうゆ伝来「特級」 株式会社丸十大屋 023-632-1122
つや姫 こうじ味噌 株式会社丸十大屋 023-632-1122
梅しづく 株式会社玉屋総本店 023-623-0558
のし梅 株式会社玉屋総本店 023-623-0558
山ぶどう 株式会社玉屋総本店 023-623-0558
九十九鶏の粕漬 有限会社九十九鶏本舗 023-665-5716
長崎かすてら 株式会社芳紅庵たかはし 023-622-4745
山形まるべ餅
(ゆべし・くるみ餡入)
株式会社芳紅庵たかはし 023-622-4745
佐五郎漬 有限会社佐五郎 023-631-3560
米沢牛漬 吉田畜産株式会社 023-644-5628
山形牛 みそ漬 高橋畜産食肉株式会社 023-623-5658
吟醸 テンスイ醤油株式会社 023-653-2044
将棋の誉もろこし 有限会社盛壽庵 023-653-2305
デザートチップ
りんごミックス
株式会社モミの木 023-643-7111
デザートチップ
ベジタブルミックス
株式会社モミの木 023-643-7111
山形のやっこい豚角煮 株式会社丸内 023-672-0298
寒河江地区 商品名 製造所及び営業者名 電話番号
太郎兵衛そば サラヤ株式会社 0237-86-2207
特別純米酒 あら玉 和田酒造合資会社 0237-72-3105
北村山地区 商品名 製造所及び営業者名 電話番号
元祖 東根豆糖 まめとうや 0237-42-0147
くぢら餅 株式会社明友 0237-22-1819
新庄地区 商品名 製造所及び営業者名 電話番号
しそ巻 田中しそまき加工所 0233-42-2231
酒田地区 商品名 製造所及び営業者名 電話番号
呉竹羊羹 株式会社小松屋 0234-22-5151
鶴岡地区 商品名 製造所及び営業者名 電話番号
カステラせんべい「庄内米」 有限会社廣盛堂 0235-22-0850
野菜・山菜粕漬 株式会社本長 0235-33-2023
長井地区 商品名 製造所及び営業者名 電話番号
鯉甘煮 有限会社髙橋鯉屋 0238-88-2785
やまりまんじゅう 有限会社やまり 0238-85-2146
東南置賜地区 商品名 製造所及び営業者名 電話番号
鯉の甘煮 株式会社米沢鯉六十里 0238-22-6051
棒だら煮 有限会社さとう食品 0238-22-6740
米沢牛すみれ漬 株式会社米沢牛黄木 0238-22-2241
ページトップへページトップへ

(公社)山形県食品衛生協会優良食品推奨要綱

目的
第1条件 この要綱は、公益社団法人山形県食品衛生協会(以下「県協会」という。)会員が、本県において製造する食品で、味と品質が優秀、かつ食品衛生面においても秀れている食品を郷土特産品として県内外に宣伝推奨し、あわせて本県生産食品の品質向上に資することを目的とする。
推奨品
第2条 前条の目的に合致する食品で、所定の審査に合格したものを優良食品として推奨する。
審査申請
第3条 優良食品の推奨を受けようとする者は、優良食品審査申請書(別記様式第1号)及び当該食品を各地区食品衛生協会長(以下「地区協会長」という。)に提出する。
2 審査に提出する食品の数量は品目毎に最小包装2個以上とする。
3 申請を受けた地区協会長は保健所長から食品衛生監視票の交付を受け、意見を付して、県協会長に提出する。
4 申請書の受付期間は、毎年11月1日から11月30日とする。
検査手数料
第4条 審査手数料は1品目につき、2,000円とし、申請書の提出と同時に納入するものとする。
審査
第5条 推奨品の審査は、県協会優良食品審査委員会(以下「審査委員会」という。)が行う。
2 審査委員会の委員は、県協会長が関係官庁、学識経験者、消費者及び県協会役員のうちから委嘱する。
3 審査委員会の運営については、別に定める。
4 審査委員会は、申請書類及びその食品について審査を行う。
推奨及び推奨料
第6条 県協会長は、審査の結果について、地区協会長を経て申請者に通知する。
2 推奨決定の通知を受けた者は、通知があった日から2週間以内に推奨料8,000円を地区協会長を経て県協会長に納入するものとする。
推奨状等の交付
第7条 県協会長は、前条第2項の規定に基づき推奨料を納付した者に対して、推奨状(別記様式第2号)を交付するとともに、その食品に対して、県協会長が発行する推奨シール(別記様式第3号)の貼付を承認する。
2 容器包装に直接シールの印刷を希望する者は、シール印刷承認申請書(別記様式第4号)により県協会長の承認を得るものとする。
3 前項の承認手数料は10,000円とし、その承認期間は承認のあった日から1年間とする。
推奨期間
第8条 推奨の有効期間は、推奨が決定された年の翌年の1月1日から1年間とする。
推奨の取消し
第9条 県協会長は、推奨品を製造する者で、次の各号の一に該当するに至ったときは、推奨を取り消すことができる。
  • (1) 推奨品について食品衛生法等の違反を生じたとき。
  • (2) 推奨品により食中毒等の事故が生じたとき。
  • (3) 行政取締の検査等において、申請時の成分と、その内容が著しく相違するとき。
  • (4) 施設、その他食品衛生上、危害発生のおそれが生じたとき。
2 前項により、取り消しを受けた者は、その日から2ヵ年間推奨を受けることができない。
附則
  • この要綱は、昭和50年8月より適用する。
  • この要綱は、昭和51年4月1日より適用する。
  • この要綱は、昭和59年8月1日より適用する。
  • この要綱は、平成7年12月1日より適用する。
  • この要綱は、平成24年10月1日から施行する。
別記様式第2号「推奨状」
推奨状
別記様式第3号「推奨シール」
推奨シール
ページトップへページトップへ